☆ダンスにおける音楽の関係の再確認!!

前にもいろいろとダンスと音楽について書かさせて頂いているのですが、
私が、ごく最近体験したことを書きます。

あるパーティーでの出来事、
フィナーレで、ジャズ系の4ビートのノリの良い曲が流れ、
手拍子が始まったのですが、、、

残念(;^ω^)

全員、オフビートの曲でオンビートで手拍子をとっている。
つまり、オフビートの4拍子の曲場合、2拍と4拍にアクセントがあり、
そこでてたたくのが普通なのですが、
どうしても日本人的には1拍目と3泊目で手をたたきたくなる。
要するに宴会での1拍目と3拍でたたいて2拍目と4泊目で両掌を擦る、
俗に言う、手もみ手拍子。

ちなみにこの動画を参考に見て頂ければと思います。
数年前に上映された 女子高生がJAZZをする
Swing Girls (スウィングガールズ)
その盛り上がりの場面で、オンビートで手拍子する友人に
オフビートで手拍子をするように何気に直すシーンがあります。
動画5分20秒位からです。

ダンスに関係のない方々なら仕方がないでしょうが・・・
ダンス関係者、愛好家が集まる席でのオンビートの手拍子は如何なものでしょうか。

その昔、アメリカのジャズバンドのコンサートで、
手拍子が始まり、それがお客さんのオンビート手拍子でバンドは演奏が出来なくなり
急きょメンバーによりオフビートの手拍子を練習して再演奏したことがあるそうです。

ダンスの曲の場合、スタンダード、ラテン、含めて、
ワルツ、パソ、以外は、ほぼアフタービートで演奏されていると考えて良いと思います。

ダンスを関わる方には、是非アフタービートを感じることにより、
必ずダンスが変わってくるでしょう。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

東京ソシアルダンスアカデミー
鈴木智隆(すずきのりたか)
TEL 052-741-5015
携帯 070-1611-5015
留守番電話になっていることが多いので電話番号、
用件を録音して頂ければ、こちらから折り返し電話させて頂きます。